お母さんへ

tel_sp.png
ご予約お問い合わせ

小さな時から歯科医院へ行く習慣を

お子さんがむし歯かなと思ったら

できるだけ早い治療を受けましょう

小児歯科では、乳歯が生えはじめた乳幼児から永久歯に生えかわる12歳くらいまでのお子さんを対象としています。
大人と比べて柔らかいお子さんの歯は、奥歯の溝も深いので虫歯になりやすく再発しやすいため、虫歯の兆候が見られたら、できるだけ早く歯科医院で診てもらうようにしましょう。

虫歯が進行してから治療を受けに来るお子さんは、麻酔をして神経を取り、早い段階で乳歯を抜いてしまうので、永久歯が生えるのが遅くなり、結果的に歯並びが悪くなるという悪循環に陥ってしまいかねません。
大切なお子さんの歯の健康を守るために、学校での検診以外にも歯科医院での定期健診を受けることをおすすめします。

お菓子や甘い飲み物は、お子さんのむし歯の大きな原因です

歯にくっつくお菓子を食べる機会を早く与えることは、虫歯ができやすい環境を整えてしまい、お子さんが治療で痛い思いをすることにつながります。できるだけ果物などの自然な甘さから体験させて、覚えさせていくのが良いでしょう。
また、食事と歯磨きをセットに“食べたら磨く”習慣も、子どもの頃から身につけていくことが大切です。

なかなか上手に歯磨きができないお子さんを持つお父さん・お母さんへ

仕上げ磨きの必要性について

きちんとした歯磨きの指導を受けて練習をしないと、小学校高学年の子どもがひとりで歯磨きをしても、ほとんど磨けていないことも珍しくありません。
生えたばかりの永久歯は象牙質がまだ柔らかいため虫歯になりやすく、進行しやすいもの。特に、6歳頃に生えはじめる第一大臼歯、12歳頃に生えはじめる第二大臼歯は、生えはじめは背が低いために磨きにくいので、きちんと磨けているか、親が確認することが大切です。

成長とともに仕上げ磨きを嫌がるようになるので、小学校にあがる前までに、自力で磨けるようになることを目指しましょう。仕上げ磨きをしている途中から、だんだん自分で磨いているところを親が見てあげて、足りないところがあれば、最後に親がフォローしてください(小学校低学年までが望ましい)。
自立を促し、早いうちからのお子さんのデンタルIQを高めてあげることも、親の大事な役目です。

当院の小児歯科の特徴

「うさみ歯科に行きたい」と言って治療にくるお子さんが多いです

院長をはじめ、スタッフは子どもが大好きです。
怖い・痛い印象の歯医者さんのイメージを覆す、明るい笑顔の絶えない歯科医院です。

キッズスペース完備

待ち時間には、キッズスペースを自由にご利用ください。外の様子がわかる明るいスペースに、絵本やおもちゃをご用意しています。

親御さんの付き添いもどうぞ

まだ慣れないお子さんは、歯医者さんでの治療は不安いっぱい。お父さん・お母さんの付き添いが可能です。

治療後のプレゼント

治療を頑張った後のご褒美に、優しい先生からバルーンアートが楽しめる「ペンシルバルーン」をプレゼント!

妊娠中の歯科治療について

妊娠してから慌てないように、普段からの定期健診はやはり大事

妊娠中の女性の体はとてもデリケート。ホルモンの働きで体調が変わり、お口の中にも変化があらわれます。そのため、人によっては虫歯になりやすい状態になります。
歯の治療の内容や期間に制限がありますので、妊娠してから慌てないように定期健診に行く習慣をつけましょう。
妊娠5~7か月くらいの安定期に入ったら、体調のよい日に母子手帳を持参のうえ、健診や治療を受けてください。

妊娠中のお口の中の変化

食べ物の好き嫌いが激しくなる

妊娠すると、今まで好きだったものが食べたくなくなったり、急に甘いものが食べたくなったりします。
甘いものを食べる機会が増えると虫歯になりやすくなります。

 
食生活が乱れる

つわりによって、決まった時間に食事ができない時もあります。
食べたい時だけ食べる生活は、お口の中が不衛生になりがちです。

 
唾液の質の変化

妊娠中は、唾液の分泌量が少なくなる傾向にあります。
そのため、お口の中が酸性に傾き、細菌が増えやすい環境になってしまいます。